VirtualBox 6.1.2 に Windows 10 を導入する方法

Windows 10

Windows 7 でのハッキングが一通り終わったので、これからは Windows 10 でハッキングを行います。

まずは Windows 10 の仮想マシンを構築します。

Windows 10 イメージのダウンロード

以下サイトから Windows 10 のイメージファイル(MediaCreationTool1909.exe)を入手します。

Windows 10 のダウンロード

ここではダウンロードできるのはメディア作成ツールです。これを用いてホスト側で iso イメージファイルを作成します。

ウィザードに従って進めると「Windows.iso」というファイルが作成されました。

仮想マシンの作成

ova ファイルの場合は「仮想アプライアンスのインポート」にてファイルをデプロイする方法でしたが、iso イメージの場合はまず仮想マシンを立てた上で、そこに iso イメージをインストールします。

メモリは 4GB に変更しましたが、その他はデフォルトのまま仮想マシンを作成しました。

設定は以下の通りです。

Windows 10 インストール

作成した仮想マシンをダブルクリックして起動します。

するとイメージファイルを選択する画面に移るので、ダウンロードした 「Windows.iso」を選択します。

すると初期設定が始まるので、画面に従って進めていきます。

初期設定が終了すると、デスクトップ画面に移ります。

仮想ドライブからの iso イメージ除去

この時点では仮想ドライブに iso イメージファイルがセットされたままになっています。

インストール後は不要のため、以下のように取り外します。

初期設定

インストールが完了したので、初期設定を行います。

まずはじめに Guest Additions をインストールします。インストールするとホストとゲスト間でファイルの送受信を行えるようになります。

「デバイス > Guest Additions CD イメージの挿入」からではなく、以下から「VboxGuestAddition.iso」を追加することでインストールしました。

さらに「デバイス > ドラッグ&ドロップ > 双方向」を選択することで、ファイルの共有が可能になります。

次にファイアウォールの設定を変更し、Ping の応答を返すようにします。

Windows Defender ファイアウォールから以下の赤枠で囲った規則2つを有効化します。

その後、仮想マシンにホストオンリーアダプタを追加します。

ipconfig を実行すると 10.0.0.103 として追加されていることがわかります。内容を入力してください。

C:\Users\kdryo>ipconfig

Windows IP 構成

イーサネット アダプター イーサネット:

接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
 リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fe80::5026:f96:fc8e:5c2a%5
 IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 10.0.2.15
 サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
 デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .: 10.0.2.2

イーサネット アダプター イーサネット 2:

接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
 リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fe80::b1fb:362a:834:d26b%10
 IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 10.0.0.103
 サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
 デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .:

疎通確認

Windows 10 からインターネット、ホストOSに Ping が飛ぶか確認してみます。

C:\Users\kdryo>ping 8.8.8.8

8.8.8.8 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =6ms TTL=54
8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =47ms TTL=54
8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =10ms TTL=54
8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =14ms TTL=54

8.8.8.8 の ping 統計:
 パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
 最小 = 6ms、最大 = 47ms、平均 = 19ms

[ホストOS]

C:\Users\kdryo>ping 10.0.0.1

10.0.0.1 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
10.0.0.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
10.0.0.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
10.0.0.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
10.0.0.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128

10.0.0.1 の ping 統計:
 パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
 最小 = 0ms、最大 = 0ms、平均 = 0ms

このように疎通性があることが確認できました。

以降は、Windows 7 と同様にまずは Metasploit でハッキングしていきます。

くどり

この記事は「ハッキング・ラボのつくりかた 第4章 」をベースに作成しています。購入リンクは以下です。
※Amazonアソシエイトを使用しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました